読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキストエディターを使おう(k10)

先にインストールしたコマンドプロントが 機械の舞台裏をコントロールするシステムだったのに対して実際のプログラムを打ち込むために使用するしすてむが 今回紹介するテキストエディターですテキストエディターには様々な種類がありますが今回はこのうちの…

3秒でわかる【GitHub】入門(k04)

今回のマッピング作業に限らず 複数でコードを組む際にとても良く出てくるのが GitHub(ギットハブ)という単語ですではこのGitHubとは一体何なんの事でしょう? 難しい事は早々に理解出来ません …というか、僕がわかりません(キリッ!✨)ここで憶えて頂きたい…

保育園マップをDLする②作業画面の表示(k09)

ここはパワポ風にまとめました くわしくはこちらをクリックください

保育園マップをDLする①Git_Shellの起動(k08)

ここからは 現在作成中の「港北区保育園マップ」を 皆さんのパソコンに取り込む作業を解説します 【Git_Shellの起動】 まずはGit_Shellというアプリケーションを起動させますGit_Shellは[スタート] . └→[全てのプログラム] . └→[GitHub,inc] . └→[Git…

Code for Kohoku 保育園マップインストーラー(人間向け)(k00)

(・ω・)ノ はいどうも Code for Me の天野です 保育園マップの人間向けインストーラー(ナンダソレワ!)を作りましたので 宜しければご覧ください(※OSはWindows7です) 【目次】その1:保育園マップてなに?その2:私達で電子マップが作れるの?その3…

Pythonをインストールする(k07)

(冒頭が前回のほぼコピペであることをご容赦くだされ) 3秒でわかるGitHub入門の項でも触れましたが保育園マップはPythonというシステムを活用するため、パソコン内にPythonをインストールする必要がありますPythonのインストールには二つの方法があるので…

GitHubへ登録する(k06)

3秒でわかるGitHub入門の項で触れましたが保育園マップはGitHub上で動くきます そこで保育園マップ作成に参加する為にはGitHubへweb登録する必要があります↓こちらがGitHubの登録サイトです https://github.com/github.com ※ウザいタコネコがトレードマーク…

フォルダーを作ろう(k05)

そろそろ本題に入りますが本格的作業に入る前に 是非しておいた方が良い作業がひとつありますそれは事前に作業用フォルダーを作っておく事です 前回紹介したコマンドプロントの中でも作業フォルダーを作れるのですが、とても手間がかかるからです今回僕は […

コマンドプロント(k03)

みなさん パソコンでワープロ作業をする時はWordやPagesを 表計算をする時はExcelやNumbersを使うと思いますが専門的なプログラム言語を書くときも 専用のアプリがいくつかあります今回はそのなかのひとつ コマンドプロントを紹介します コマンドプロントが…

素人集団で電子マップなんて作れるのか?問題について(k02)

僕もこれまで幾つかのCode for Netでマップ作成のお手伝いをしてきましたがそれらはすべて ・実際にコードを組む作業はエンジニアさんにお願いし ・素人(Exel程度の知識者)はデータの打ち込みだけに専念するという ・いわば完全分業性パターンばかりでした…

保育園マップてなに?(k01)

保育園マップとは 上の写真(※)のように、電子地図上に幼稚園・保育園などといった 保育施設の情報が掲載された地図の事です(※画像は全国のCodeForコミュニティの中で初めて保育園マップを作成したCode for Spporoさん制作さっぽろ保育園マップです) 現在…

Code for America ファンクラブの限界

ⅰ.ハイコンテンクスト文化について まずは下記の漫画をご覧ください ハイコンテクスト(ローコンテクスト)文化とは アメリカの文化人類学者E.T.ホールが唱えた 国や地域のコミュニケーションスタイルの特長の識別手法のひとつです ハイコンテクスト文化の…

Code for Me のこれまでと、これからと

Code for Me天野です 年末にあたりCfMeの活動報告と来年の活動指針を紹介します この記事はcivic tech advent calendar12月13日の記事になります。 qiita.com Ⅰ.Code for Meとは 始めに簡単な自己紹介をします Code for Meとは 地域社会の問題解決を目的に…

「SLACK入門」の制作

Cfコミュニティが慢性的に抱える問題として「参加者の非エンジニア率が多い為に組織内のデジタルデバイドが高い」 というものがあります現在これが原因で・「非エンジニアの疎外感」 ・「エンジニアへの過剰負担」という2つの問題が深刻化しています現在、…

Code for Meとしての活動

現在、会として運行している企画は以下のリンクに掲載していますhttp://code4me.wixsite.com/code4me/project